職歴

  • 1992 (平成 4) 年4月 名古屋明徳短期大学講師 (1995年3月まで)
  • 1995 (平成 7) 年4月 日本福祉大学情報社会科学部助教授 (1999年5月まで)
  • 1999 (平成11) 年6月 名古屋大学情報文化学部助教授
  • 2001 (平成13) 年4月 名古屋大学大学院環境学研究科助教授 (2006年9月まで)
  • 2005 (平成17) 年4月 名古屋大学総長補佐 (2006年9月まで)
  • 2006 (平成18) 年10月 東京大学大学院人文社会系研究科助教授
  • 2007 (平成19) 年4月 東京大学大学院人文社会系研究科准教授 (2010年7月まで)
  • 2010(平成22)年8月 東京大学大学院人文社会系研究科教授(現在に至る)
  • 2013(平成25)年4月 東京大学大学院人文社会系研究科副研究科長(2015年3月まで)
  • 2016(平成28)年4月 東京大学経営協議会学内委員

学会活動

  • 日本社会心理学会 理事(2005年4月~2009年3月, 2011年4月~2015年3月, 2017年4月~)
  • 日本社会心理学会 常任理事(2005年4月~2007年3月,2007年8月~2009年3月, 2011年4月~2015年3月, 2017年4月~)
  • 日本グループ・ダイナミックス学会 理事(2007年4月~2011年3月)
  • 日本グループ・ダイナミックス学会 常任理事(2007年4月~2011年3月)
  • 日本グループ・ダイナミックス学会 会長(2013年4月~2015年3月)
  • 科学基礎論学会 理事(2017年4月~)
  • 日本心理学会 代議員(2017年4月~)
  • 社会心理学会 会長(2019年5月~)
  • Psychologia』 編集委員(1999年~現在に至る)
  • 『人間環境学研究』 編集幹事(2003年~現在に至る)
  • 『実験社会心理学研究』編集委員(2007年4月~2015年3月)
  • Contemporary and Applied Philosophy』編集委員(2012年10月~現在に至る)

著書(単著・共著)

  1. 戸田山和久・唐沢かおり (編) (2019). <概念工学>宣言! 哲学×心理学による知のエンジニアリング. 名古屋大学出版会.LinkIconLink
  2. 唐沢かおり(2017)『なぜ心を読みすぎるのかーみきわめと対人関係の心理学ー』 東京大学出版会 LinkIconLink
  3. 唐沢かおり・林徹(編著)(2014)『人文知1 心と言葉の迷宮』 東京大学出版会 LinkIconLink
  4. 唐沢かおり(編著)(2014)『新社会心理学ー心と社会をつなぐ知の統合―』 北大路書房 LinkIconLink
  5. 唐沢かおり・戸田山和久(2012)『心と社会を科学する』 東京大学出版会 LinkIconLink
  6. 日本社会心理学会(編)(2009)『社会心理学事典』, (編集幹事, 編集担当:第2章「社会的認知・態度」, 執筆分担:「対応推論」,「原因帰属」, pp. 62-63, 80-81). 丸善株式会社
  7. 唐沢かおり・八田武志(共編著)(2009)『幸せな高齢者としての生活』 (執筆分担:第10章「介護ストレスを理解する」,pp. 211-228. 第11章「よりよい社会生活を送るために」,pp. 229-236).ナカニシヤ出版
  8. 唐沢かおり (編著) (2005) 『朝倉心理学講座 第7巻 社会心理学』 (執筆分担:第1章「社会心理学の潮流」,pp. 1-14). 朝倉書店
  9. 唐沢穣・池上知子・唐沢かおり・大平英樹 (共著) (2001) 『社会的認知の心理学』 (執筆分担:第2章「原因帰属」,pp. 46-72. 第7章「認知と感情」,pp. 172-188). ナカニシヤ出版

編著書(分担執筆)

  1. 唐沢かおり (2018). 高齢者. 北村英哉・唐沢穣 (編) 偏見や差別はなぜ起こる? (pp.203-219). ちとせプレス.
  2. 唐沢かおり (2018). ステレオタイプと偏見. 竹村和久 (編) 公認心理師の基礎と実践 社会・集団・家族 (pp. 47-60). 遠見書房
  3. 唐沢かおり(2018)第8章(課題と展望)-1 幸福への課題:個と社会の調和に向けて 日立東大ラボ(編)『Society 5.0:人間中心の超スマート社会』日本経済新聞出版社
  4. Marchery, E., Stich, S., Rose, D., Chatterjee, A., Karasawa, K., Struchener, N., Sirker, S., Usui, N., & Hashimoto, T. (2018). Gettier was framed. In S. Stich, M. Mizumoto, & E. McCready (Eds.), Epistemology for the Rest of the World, Chapter 6, Oxford: Oxford University Press.
  5. 唐沢かおり(2013) 認知から感情へ 日本認知心理学会編 認知心理学ハンドブック pp.278-279. 有斐閣
  6. 唐沢かおり(2012) 感情理論の適用事例 中島義明編 現代心理学事例辞典 pp.196-211.朝倉書店
  7. 唐沢かおり(2011)「対人関係」「対人魅力」 二宮克美・子安増生編 キーワードコレクション社会心理学 (pp.52-59). 新曜社
  8. 唐沢かおり(2010)「動機・意図・特性の推論」 浦光博・北村英哉(編) 『個人の中の社会』 (pp. 90-111). 誠信書房
  9. 唐沢かおり(2010)「援助場面での社会的認知」 村田光二(編) 『現代の認知心理学 第6巻 社会と感情』 (pp. 195-220). 北大路書房
  10. 唐沢かおり(2010)「基本情動理論」, 「感情の認知的評価理論」, 「感情の進化」海保博之・松原望(監修) 『感情と思考の科学事典』, (執筆分担:, pp. 4-5, 12-13, 14-15). 朝倉書店 
  11. 唐沢かおり・広瀬幸雄(2007)「社会的視点からのアプローチ」 八田武志(編著) 『現代心理学』 (pp. 135-152). 培風館 
  12. 唐沢かおり(2005)「文化とパーソナリティ」「パーソナリティの社会化・個性化」 中島義明・繁桝算男・箱田裕司 (編) 『新・心理学の基礎知識』 (pp. 287, 293). 有斐閣
  13. 唐沢かおり(2004)「社会福祉に社会心理学を役立てる」 竹村和久 (編) 『社会心理学の新しいかたち』 (pp. 173-192). 誠信書房
  14. 唐沢かおり(2001)「認知的評価理論」,「感情の帰属理論」,「帰属過程」,「情報収集・サンプリングのエラー」 山本眞理子・外山みどり・池上知子・遠藤由美・北村英哉・宮本聡介 (編) 『社会的認知ハンドブック』 (pp. 162-165, 166-167, 184-187, 214-215). 北大路書房
  15. 唐沢かおり(1999)「Kelley, H. H.」,「自己帰属」,「成功と失敗の帰属」,「責任の帰属」,「達成動機」,「防衛的帰属」,「利己的帰属」,「McClelland, D. C.」,「Weiner, B.」,中島義明・安藤清志・子安増生・坂野雄二・繁桝算男・立花政夫・箱田祐司(編)『心理学辞典』, (執筆分担: pp. 225, 328, 484, 506-507, 563, 793, 808, 910). 有斐閣
  16. 千頭聡・唐沢かおり(1999)「生活環境評価とまちづくりの役割認識―美浜町まちづくり調査より―」 日本福祉大学知多半島総合研究所 (編)  『知多半島の歴史と現在 No.10』 (pp. 47‐79). 校倉書房
  17. 唐沢かおり(1998)「社会的推論」 山本眞理子・外山みどり (編) 『社会的認知』 (pp.156-176). 誠信書房
  18. 唐沢かおり(1997)「社会理解の基礎としての原因帰属」 広瀬幸雄 (編) 『シミュレーション世界の社会心理学』 (pp. 56-69). ナカニシヤ出版
  19. 唐沢かおり(1996)「認知的感情理論」  土田昭司・竹村和久 (編) 『感情と行動・認知・生理―感情の社会心理学―』 (pp. 55-78). 誠信書房
  20. 唐沢かおり(1994)「対人感情と行動の分析」 伊吹山太郎 (監) 秋田宗平・島久洋・杉田千鶴子 (編) 『現代の心理学』 (pp. 93-103). 有斐閣
  21. 唐沢かおり(1988)「社会的認知」 斎藤勇 (編) 『対人社会心理学重要研究集5』 (pp.141-184). 誠信書房

論文

  1. Tanibe, T., Hashimoto, T., Tomabechi, T., Masamoto, T., & Karasawa, K. (2019). Attributing mind to groups and their members on two dimensions. Frontiers in Psychology, 10:840. LinkIconLink
  2. 白岩祐子・小林麻衣子・唐沢かおり (2018). 犯罪被害者遺族による制度評価-被害者参加制度・意見陳述制度に着目して. 犯罪心理学研究, 56, 105-115.LinkIconLink
  3. ターン有加里ジェシカ・村田光二・唐沢かおり (2018). 犯罪者の子どもと連合的スティグマ-遺伝的本質主義の観点から- 人間環境学研究, 16, 77-82. LinkIconLink
  4. Hashimoto, T., Karasawa, K., Hirayama, K., Wada, M., & Hosaka, H. (2018). Community proactivity in disaster preparation: Research based on two communities in Japan. Journal of Disaster Research, 13, 755-766. LinkIconLink
  5. Ohtaka, M., & Karasawa, K. (2018). Perspective-taking in families based on the social relations model. Japanese Journal of Experimental Social Psychology. Advance online publication. LinkIconLink
  6. 白岩祐子・唐沢かおり (2018). 死因究明における死亡時画像診断(Ai)の意義:司法解剖を経験した交通死遺族との面接にもとづく検討 人間環境学研究, 16, 25-34. LinkIconLink
  7. Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2018). Impact of consumer power on consumers' reactions to corporate transgression. PLoS ONE, 13(5), e0196819. LinkIconLink
  8. 田戸岡好香・樋口収・唐沢かおり (2018). 食品のネガティブイメージにステレオタイプ抑制が及ぼす影響 心理学研究, 89, 22-28. LinkIconLink
  9. Cova, F., Machery, E., Stich, S., Rose, D., Olivola, C. Y., Alai, M., Angelucci, A., Berniūnas, R., Buchtel, E. E., Chatterjee, A., Cheon, H., Cho, I.-R., Cohnitz, D., Dranseika, V., Lagos, Á. E., Ghadakpour, L., Grinberg, M., Hannikainen, I., Hashimoto, T., Horowitz, A., Hristova, E., Jraissati, Y., Kadreva, V., Karasawa, K., Kim, H., Kim, Y., Lee, M., Mauro, C., Mizumoto, M., Moruzzi, S., Ornelas, J., Osimani, B., Romero, C., Rosas Lopez, A., Sangoi, M., Sereni, A., Songhorian, S., Sousa, P., Struchiner, N., Tripodi, V., Usui, N., Vázquez del Mercado, A., Volpe, G., Vosgerichian, H. A., Zhang, X., & Zhu, J. (in press). De pulchritudine non est disputandum? A cross-cultural investigation of the alleged intersubjective validity of aesthetic judgment. Mind & Language.
  10. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. (2018). The effect of goal attainability on conserving regulatory resources. Journal of Human Environmental Studies, 15, 87-92. LinkIconLink
  11. 齋藤真由・白岩祐子・唐沢かおり (2018). 大学生における司法参加意欲の規定因:要因関連モデルを用いた検討 実験社会心理学研究, 58, 1-14. LinkIconLink
  12. Rose, D., Machery, E., Stich, S., Alai, M., Angelucci, A., Berniūnas, R., Buchtel, E. E., Chatterjee, A., Cheon, H., Cho, I.-R., Cohnitz, D., Cova, F., Dranseika, V., Lagos, Á. E., Ghadakpour, L., Grinberg, M., Hannikainen, I., Hashimoto, T., Horowitz, A., Hristova, E., Jraissati, Y., Kadreva, V., Karasawa, K., Kim, H., Kim, Y., Lee, M., Mauro, C., Mizumoto, M., Moruzzi, S., Olivola, C. Y., Ornelas, J., Osimani, B., Romero, C., Rosas Lopez, A., Sangoi, M., Sereni, A., Songhorian, S., Sousa, P., Struchiner, N., Tripodi, V., Usui, N., Vázquez del Mercado, A., Volpe, G., Vosgerichian, H. A., Zhang, X. and Zhu, J. (2017). Nothing at stake in knowledge. Noûs. doi: 10.1111/nous.12211 LinkIconLink
  13. Machery, E., Stich, S., Rose, D., Alai, M., Angelucci, A., Berniūnas, R., Buchtel, E. E., Chatterjee, A., Cheon, H., Cho, I-R., Cohnitz, D., Cova, F., Dranseika, V., Lagos, Á. E., Ghadakpour, L., Grinberg, M., Hannikainen, I., Hashimoto, T., Horowitz, A., Hristova, E., Jraissati, Y., Kadreva, V., Karasawa, K., Kim, H., Kim, Y., Lee, M., Mauro, C., Mizumoto, M., Moruzzi, S., Olivola, C. Y., Ornelas, J., Osimani, B., Romero, C., Lopez, A. R., Sangoi, M., Sereni, A., Songhorian, S., Sousa, P., Struchiner, N., Tripodi, V., Usui, N., del Mercado, A. V., Volpe, G., Vosgerichian, H. A., Zhang, X., & Zhu, J. (2017). The Gettier intuition from South America to Asia. Journal of Indian Council of Philosophical Research, 34, 517-541. doi: 10.1007/s40961-017-0113-y LinkIconLink
  14. Rose, D., Machery, E., Stich, S., Alai, M., Angelucci, A., Berniūnas, R., Buchtel, E. E., Chatterjee, A., Cheon, H., Cho, I.-R., Cohnitz, D., Cova, F., Dranseika, V., Lagos, Á. E., Ghadakpour, L., Grinberg, M., Hannikainen, I., Hashimoto, T., Horowitz, A., Hristova, E., Jraissati, Y., Kadreva, V., Karasawa, K., Kim, H., Kim, Y., Lee, M., Mauro, C., Mizumoto, M., Moruzzi, S., Olivola, C. Y., Ornelas, J., Osimani, B., Romero, C., Rosas, A., Sangoi, M., Sereni, A., Songhorian, S., Sousa, P., Struchiner, N., Tripodi, V., Usui, N., del Mercado, A. V., Volpe, G., Vosgerichian, H. A., Zhang, X. and Zhu, J. (2017). Behavioral circumscription and the folk psychology of belief: A study in ethno-mentalizing. Thought: A Journal of Philosophy, 6, 193-203. doi: 10.1002/tht3.248 LinkIconLink
  15. Tanibe, T., Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2017). We perceive a mind in a robot when we help it. PLoS ONE, 12(7): e0180952. LinkIconLink
  16. 福本都・苫米地飛・橋本剛明・唐沢かおり (2017). 自由意志信念が社会的相互作用場面での攻撃行動に与える効果ー運命的決定論信念に着目してー 人間環境学研究, 15, 73-80. LinkIconLink
  17. 白岩祐子・小林麻衣子・唐沢かおり (2017). 警察による犯罪被害者政策の有効性-遺族の立場からの検討, 犯罪心理学研究, 55, 15-27. LinkIconLink
  18. 白岩祐子・唐沢かおり (2017). 刑罰抑制効果の検討ー「理性」重視の価値観に着目してー 人間環境学研究, 15, 25-30. LinkIconLink
  19. Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2016). When and by whom are apologies considered? The effects of relationship and victim/observer standing on Japanese people’s forgiveness. Interpersona: An International Journal on Personal Relationships, 10, 171-185. doi:10.5964/ijpr.v10i2.214
  20. 二木望・渡辺匠・櫻井良祐・唐沢かおり (2016). 実体性が両面価値的な集団への行動意図に及ぼす影響:エイジズムに着目して 社会心理学研究, 32, 81-91.
  21. Tanibe, T., Shiraiwa, Y., & Karasawa, K. (2016). Opposition to popular legal participation and the reason–emotion framework: Empirical research on citizens’ attitudes toward the lay judge system in Japan. Journal of Human Environmental Studies, 14, 9-16.
  22. Jung, K. H., & Karasawa, K. (2016). How we view people who feel joy in our misfortune: The influence of expressed schadenfreude in interpersonal situation. Korean Journal of Social and Personality Psychology, 30, 41-61.
  23. 白岩祐子・小林麻衣子・唐沢かおり (2016). 「知ること」に対する遺族の要望と充足:被害者参加制度は機能しているか 社会心理学研究, 32, 41-51.
  24. 渡辺匠・松本龍児・太田紘史・唐沢かおり (2016). 一般的・個人的自由意志尺度(Free Will and Determinism Scale: FWDS)日本語版の作成 パーソナリティ研究, 24, 228-231.
  25. Machery,E.,Stich,S., Rose,D.,Chatterjee,A., Karasawa,K., Struchiner,N., Sirker,S., Usui,N.,&  Hashimoto,T. (2015). Gettier across cultures. Noûs  10.1111/nous.12110  (査読有)
  26. 大高瑞郁・唐沢かおり(2015)成人形成期の子どもの父親に対する態度を規程する要因:父親からの行動に関する子どもの認知に着目して 社会心理学研究, 31, 89-100. http://doi.org/10.14966/jssp.31.2_89
  27. 渡辺匠・太田紘史・唐沢かおり (2015). 自由意志信念に関する実証研究のこれまでとこれから:哲学理論と実験哲学、社会心理学からの知見. 社会心理学研究, 31, 56-69. http://doi.org/10.14966/jssp.31.1_56
  28. Watanabe, T., Sakurai, R., & Karasawa, K. (2015). Free will beliefs and moral responsibility: Disbelief in free will leads to less responsibility for third person's crime. Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015 Official Conference Proceedings, 423-431.
  29. 白岩裕子・唐沢かおり (2015) 量刑判断に対する増進・抑制効果の検討-被害者への同情と裁判に対する規範的なイメージに着目して-  感情心理学研究, 22(3), 110-117.
  30. Watamura, E., Wakebe, T., & Karasawa, K. (2014). The Influence of improper information on Japanese lay judges’ determination of punishment. Asian Journal of Criminology, 9, 285-300. DOI 10.1007/s11417-014-9193-7
  31. Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2014). Science, so close and yet so far away: How people view science, science subjects and scientists. In Y.Suzuki & M. Hagiya (Eds.), Recent Advances in Natural Computing. (pp.57-67). Tokyo, Japan: Springer.
  32. Watamura, E., Wakebe, T., Fujio, M., Itoh, Y., & Karasawa, K. (2014). The Automatic Activation of Retributive Motive When Determining Punishment. Psychological Studies, 59, 236-240.
  33. Sakurai, R., Karasawa, K., & Watanabe, T. (2014). Unconscious goal activation occupies executive functions: Subliminal priming of the graphic stimulus. Proceedings of International Conference on Education, Psychology and Society, 167-174.
  34. 白岩祐子・松本龍児・内堀大成・唐沢かおり (2014) 裁判シナリオにおける非対称な認知:規定因と帰結の検討 人間環境学研究 12, 11-16.
  35. 大髙瑞郁・唐沢かおり(2014)父親との政治的会話と子どもの政治関与の関連:成人形成期の子どもを対象とした検討 山梨学院大学法学論集, 72, 251-261.
  36. 渡辺 匠・櫻井 良祐・綿村 英一郎・唐沢 かおり(2014)自由意志・決定論尺度(The Free Will and Determinism Plus Scale; FAD+)日本語版の作成 パーソナリティ研究, 23, 53-56.
  37. 伊藤健彦・唐沢かおり(2014) 就職活動における集団間の不公平が不公平是正政策への支持的態度や企業への原因推論に与える影響: 獲得的地位に基づく不公平に注目して 産業・組織心理学研究, 27, 117-127.
  38. 白岩祐子・唐沢かおり(2014) 犯罪被害者の裁判関与が司法への信頼に与える効果――手続き的公正の観点から――心理学研究, 85, 20-28.
  39. 渡辺 匠・唐沢 かおり(2014) 死の脅威による人間の社会的行動の変化:集団への帰属意識を題材として 死生学・応用倫理研究,19,49-65 
  40. Karasawa, K., & Todayama, K . (2013) The social aspects of science communication in the books for general audience after Fukushima Daiichi nuclear disaster. Journal of Human Environmental Studies, 11, 117-123.
  41. Todayama, K., & Karasawa, K. (2013) How radiation and its effect were explained?: Science communication after the Fukushima Daiichi nuclear disaster. International Journal of Knowledge and Web Intelligence, 4, 336-348.
  42. 伊藤健彦・唐沢かおり(2013)日本の非就業状態にある人に対する原因帰属と雇用格差是正動機の関係-不平等帰属に着目して- 人間環境学研究, 11,125-131.
  43. 渡辺匠・岡田真波・坂井真帆・池谷光司・唐沢かおり (2013) 自由意思信念に応じた帰属プロセスの変容 人間環境学研究 11,59-65.
  44. 渡辺匠・唐沢かおり (2013) 共通語と大阪方言に対する顕在的・潜在的態度の検討 心理学研究 84,20-27.
  45. 白岩裕子・唐沢かおり(2013)被害者参加人の発言および被害者参加制度への態度が量刑判断に与える影響 実験社会心理学研究, 53, 12-21.
  46. 橋本剛明・白岩祐子・唐沢 かおり(2012)経済格差の是正政策に対する人々の賛意:機会の平等性と社会階層の認知が責任帰属に与える影響の検討 社会心理学研究 28,13-23.
  47. 白岩裕子・荻原ゆかり・唐沢 かおり(2012)裁判シナリオにおける非対称な認知の検討:被害者参加制度への態度や量刑判断との関係から 社会心理学研究 28,41-50.
  48. 荒川歩・白岩裕子・唐沢かおり(2012)犯罪被害者に対する理解を深めるための教育ゲーム:開発と実践 法と教育Vol.2,5-15.
  49. 渡辺匠・唐沢かおり(2012)自己脅威が内集団との合意性認知に及ぼす効果 社会心理学研究 27,83-92.
  50. Watanabe, T. & Karasawa, K. (2012) Self-Ingroup Overlap in the Face of Mortality Salience.Japanese Journal of Experimental Social Psychology, 52, 25-34.
  51. Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2012) Victim and observer asymmetries in their reactions to an apology: How responsibility attribution and emotional empathy lead to forgiveness. Japanese Journal of Experimental Social Psychology, 51, 104-117.
  52. 白岩祐子・宮本聡介・唐沢かおり (2012) 犯罪被害者に対するネガティブな帰属ラベルの検討:被害者は「責任」を付与されるのか 社会心理学研究, 27,109-117.
  53. 大高瑞郁・唐沢かおり (2011) 父親との政治的会話と子の内的政治的有効性感覚の関連 山梨学院大学法学論集 68, 391-411.
  54. 渡辺匠・唐沢かおり (2011) 潜在的な自己評価と内集団評価の相互関係の検討 人間環境学研究、9, 35-40.
  55. 尾崎由佳・唐沢かおり (2011) 自己に対する評価と接近回避志向の関係性―制御焦点理論に基づく検討― 心理学研究, 82, 450-458.
  56. 渡辺 匠・唐沢 かおり・大髙 瑞郁 (2011) 家族介護と公的介護に対する選好度の規定要因および関係性について 実験社会心理学研究, 51, 11-20.
  57. 月元 敬・橋本剛明・唐沢かおり (2011) 間接的連想関係による虚記憶――職業ジェンダーを用いた検討―― 心理学研究, 82, 49-55.
  58. 豊沢純子・唐沢かおり・戸田山和久 (2011) 大学初年時学生の分野別の科学のイメージ:天文学イメージの特異性 科学技術社会論研究, 8, 151-168.
  59. 豊沢純子・唐沢かおり・福和伸夫 (2010) 小学生に対する防災教育が保護者の防災行動に及ぼす効果-子どもの感情や認知の変化に注目して 教育心理学研究, 58, 480-490.
  60. 竹橋洋毅・唐沢かおり (2010) コミュニケーション, 集団同一視, 共有的認知の再帰的な強化過程の解明 実験社会心理学研究, 50, 117-127.
  61. 大高瑞郁・唐沢かおり (2010) 所得による生活保障の責任帰属バイアスと社会保障政策に対する態度の違い 実験社会心理学研究, 50, 49-59.
  62. 橋本剛明・唐沢かおり・磯崎三喜年 (2010) 大学生サークル集団におけるコミットメント・モデル:準組織的集団の観点からの検討 実験社会心理学研究, 50, 76-88.
  63. 唐沢かおり・大高瑞郁・竹内真純 (2010) 中高齢者の失業に対する政策への態度規定要因:原因帰属からのアプローチ 社会心理学研究, 25, 178-187. 
  64. 唐沢かおり・月元敬 (2010) 情報処理スタイルが不思議現象の信じやすさに及ぼす影響 人間環境学研究, 8, 1-5.
  65. 唐沢かおり (2009) 高齢者介護における人間関係と家族介護者の精神的健康 人間環境学研究, 7, 1-7. 
  66. 八田武俊・岩原昭彦・唐沢かおり・八田武志 (2007) 日本人中高年者の化粧行動に関する研究:自意識との関係分析から 人間環境学研究, 5, 45-50. 
  67. 具志堅伸隆・唐沢かおり (2007) 情動的メッセージと反すう思考による説得効果 実験社会心理学研究, 46, 40-52. 
  68. 唐沢かおり (2007) 社会を描く心の働きの自動性と制御可能性:ステレオタイプ活性をてがかりに 東京大学文学部次世代人文開発センター研究紀要, 20, 25-34. 
  69. 竹橋洋毅・唐沢かおり (2007) 目標フレーミングが感情表象の活性に与える影響 心理学研究, 78, 372-380.
  70. 野寺綾・唐沢かおり・沼崎誠・高林久美子 (2007) 恐怖管理理論に基づく性役割ステレオタイプ活性の促進要因の検討 社会心理学研究, 23, 195-201. 
  71. Karasawa, K., Motoyoshi, T., Tanaka, H., & Koga, K. (2007) How to promote the behavior for energy saving: The effect of personal feedback concerning energy consumption of others. Proceedings of International Symposium of EcoTopia Science, 1175-1177.  
  72. 山岡洋・唐沢かおり (2006)  遅延コストジレンマ事態での自己統制規定因の検討―感情予期と制御資源の役割― 心理学研究, 77, 10-18.
  73. 唐沢かおり・三谷信広 (2006) 不公平さの認知と他集団への支援的態度:罪悪感と責任帰属の役割 実験社会心理学研究, 45, 158-166. 
  74. 唐沢かおり (2006) 家族メンバーによる高齢者介護の継続意志を規定する要因 社会心理学研究, 22, 172-179.
  75. 具志堅伸隆・唐沢かおり (2006) 怒りと恐怖がもたらす説得効果 社会心理学研究, 22, 155-164. 
  76. 八田武志・唐沢かおり・高橋晋也・原田昌幸・久野覚 (2006) 中高年が建てたい理想の住宅とは:身体機能の効用感および家庭滞在志向との関連分析から 人間環境学研究, 4, 45-50. 
  77. 野寺綾・唐沢かおり (2005) 罰がステレオタイプ活性に対して持つ抑制効果の検討 社会心理学研究, 20, 181-190.
  78. Ohnuma, S., Hirose, Y., Karasawa, K., Yorifuji, K., & Sugiura, J. (2005) How did residents accept a demanding rule: Fairness and social benefit as determinants of approval for a recycling system. Japanese Psychological Research, 47, 1-11.
  79. 三谷信広・唐沢かおり (2005) 対人認知における誤情報の影響の排除方法―状況モデルに基づく表象操作による検討―  人間環境学研究, 3, 13-18.
  80. 三谷信広・唐沢かおり (2005) 感情の生起における認知的評価次元の検討―実証的統合を通して― 心理学研究, 76, 26-34.
  81. 豊沢純子・唐沢かおり (2005) 再認ヒューリスティック使用における表記の効果   心理学研究, 75, 542-547.
  82. Zucker, G. S., & Karasawa, K. (2005) Is the personal always political? A cross-cultural analysis of abortion attitudes. Basic and Applied Social Psychology, 27, 285-296
  83. Karasawa, M., Karasawa, K., & Hirose, Y. (2004) Homogeneity perception as a reaction to identity threat: Effects of status difference in a simulated society game. European Journal of Social Psychology, 34, 613-625.
  84. 野寺綾・唐沢かおり (2004) 性別と男女平等主義的態度がジェンダーステレオタイプ活性に及ぼす影響 人間環境学研究, 2, 9-14.
  85. 豊沢純子・唐沢かおり (2004) 比率バイアス課題とリンダ問題における判断の個人差 社会心理学研究, 20, 85-92.
  86. 唐沢かおり・八田武志・高橋晋也・古賀一男・久野覚・原田昌幸・大森雄一・豊沢純子・山岡洋 (2004) 豊かさと住環境に関する心理学的研究 (第1報)―主婦を対象とした分析― 人間環境学研究, 2, 31-35.
  87. 具志堅伸隆・唐沢かおり (2004) 気分一致効果規定因としての気分原因帰属および認知資源量 社会心理学研究, 20, 48-57.
  88. Karasawa, K. (2003) Interpersonal reactions toward depression and anger. Cognition and Emotion, 17, 123-138.
  89. 唐沢かおり (2003) 有利な立場の人が不利な立場の人に努力を求めるとき・援助するとき:不公平さ認知と原因帰属の役割について 社会心理学研究, 18, 119-126.
  90. Karasawa, K., Hatta, T., Gushiken, N., & Hasegawa, J. (2003) Depression among Japanese informal caregivers for elderly people. Psychology, Health & Medicine, 8, 371-376.
  91. Toyosawa, J., Karasawa, K., & Mitani, N. (2003) Determinants of cooperative attitude to prevent an environmental disorder: An examination in the simulated society game. In K. Arai (Ed.), Social contributions and responsibilities of simulation and gaming: Proceedings of the 34th Annual Conference of the International Simulation and Gaming Association (pp. 109-118).
  92. Takehashi, H., Yamaoka, H., & Karasawa, K. (2003) The effect of resource and the identification with the super-ordinate group on cooperative behavior. In K. Arai (Ed.), Social contributions and responsibilities of simulation and gaming: Proceedings of the 34th Annual Conference of the International Simulation and Gaming Association (pp. 181-190).
  93. Mitani, N., Karasawa, K., & Toyosawa, J. (2003) The effects of guilt on intergroup relationship: An examination in a simulated society game. In K. Arai (Ed.), Social contributions and responsibilities of simulation and gaming: Proceedings of the 34th Annual Conference of the International Simulation and Gaming Association (pp. 423-432).
  94. Yamaoka, H., Takehashi, H., & Karaswa, K. (2003) The formation and change of national identities in simulation game. In K. Arai (Ed.), Social contributions and responsibilities of simulation and gaming: Proceedings of the 34th Annual Conference of the International Simulation and Gaming Association (pp. 677-685).
  95. 唐沢かおり・川口潤 (2003) 否定的対人態度の訂正について―情報否定効果の検討― 人間環境学研究, 1, 51-56.
  96. 唐沢かおり (2002) 内集団および上位集団同一視と他集団への支援意図:仮想世界ゲームによる検討 心理学研究, 73, 18-25.
  97. Karasawa, K. (2002) Responsibility attribution and support provision in an intergroup context: An examination in a simulated society game. Japanese Psychological Research, 44, 196-208.
  98. 唐沢かおり (2002) 仮想世界ゲームにおける豊かな集団の集団間関係に対する認知と責任帰属・援助意図 シミュレーション&ゲーミング, 12, 25-32.
  99. 唐沢かおり・具志堅伸隆・長谷川純子・八田武志 (2002) 高齢者介護負担評価尺度の展望 情報文化研究, 16, 85-101.
  100. 唐沢かおり (2001) 高齢者介護サービス利用を妨げる家族介護者の態度要因について 社会心理学研究, 17, 22-30.
  101. Karasawa, K. (2001) Anger vs. guilt: Inference of responsibility attribution and interpersonal reactions. Psychological Report, 89, 731-739.
  102. 唐沢かおり・具志堅伸隆 (2000) 責任帰属における集団間バイアスと素朴なシニシズム-環境整備資源配分への態度における検討- 情報文化研究, 12, 39-52.
  103. Zucker, G. S., & Karasawa, K. (1999) Abortion attitudes in Japan: Applying attributional symbolic-politics models. In T. Sugiman, J. H. Liu, C. Ward, & M. Karasawa (Eds.), Progress in Asian Social Psychology, Vol.2  (pp. 179-194). Seoul, Korea: Educational Science Company.
  104. 唐沢かおり (1998) 高齢者介護労働での人間関係をめぐって:対人相互作用としての介護 産業・組織心理学研究, 12, 17‐27.
  105. Karasawa, K. (1997) Reactions to sex discrimination in the recruitment process. 日本福祉大学情報社会科学論集, 1, 3-8.
  106. Karasawa, K. (1995) Cognitive antecedents of emotions: Findings and future directions. Japanese Psychological Research, 37, 40-55.
  107. Karasawa, K. (1995) An attributional analysis of reactions to negative emotions. Personality and Social Psychology Bulletin, 21, 456-467.
  108. 唐沢かおり (1995) 達成動機づけにおける感情の役割:Weinerの帰属理論の観点からの分析 心理学評論, 38, 281-300.
  109. Karasawa, K. (1994) An attribution of depression and its impact on social support. 名古屋明徳短期大学紀要, 7, 185-200.
  110. Karasawa, K. (1992) The effects of onset and offset responsibility on affects and helping judgments. Journal of Applied Social Psychology, 21, 482-499.
  111. Liu, J. H., Karasawa, K., & Weiner, B. (1992) Inferences about the cause of positive and negative emotions. Personality and Social Psychology Bulletin, 18, 603-615.
  112. Karasawa, K. (1992) Evaluation-confirmation: The effects of schema organization on attribution and information seeking. Japanese Psychological Research, 34, 10-22.
  113. 唐沢かおり (1988) 対人記憶における帰属と体制化の影響 心理学研究, 59, 266-272.

監訳・共訳

  1. エドワード・L・デシ,リチャード・フラスト(共著)(1999)人を伸ばす力 新曜社(桜井茂男 監訳) (翻訳分担:第10章 いかに自律を促進するか,第11章 健康な行動を促進する,第12章 統制されても自律的に生きる, pp. 197-268). (Deci, E.L., & Flaste, R. (1995) Why We Do What We Do:The Dynamics of Personal Autonomy. New York, NY: Putnam’s Sons.)
  2. バーナード・ワイナー(2007)社会的動機づけの心理学:他者を裁く心と道徳的感情, 北大路書房(速水敏彦・唐沢かおり 監訳)(翻訳分担:第5章 審判のとき:理論は役に立つのか, エピローグ,pp. 169-207). (Weiner, B. (2006) Social Motivation, Justice, and the Moral Emotions: An Attributional Approach. Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum.)