略歴

2008 千葉県立千葉高等学校 卒業
2009 東京大学文科三類 入学
2011 東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程 進学
2013 同課程 卒業
2013 東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会心理学専門分野修士課程 進学
2015 同課程 修了
2015 東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会心理学専門分野博士課程 進学
2015 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2017 北海道教育大学教員養成開発連携センター 特任講師
現在に至る

学術論文

  1. 二木 望・渡辺 匠・櫻井 良祐・唐沢 かおり (2016). 実体性が両面価値的な集団への行動意図に及ぼす影響:エイジズムに着目して 社会心理学研究, 32, 81-91.
  2. Watanabe, T., Sakurai, R., & Karasawa, K. (2015). Free will beliefs and moral responsibility: Disbelief in free will leads to less responsibility for third person's crime. Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015 Official Conference Proceedings, 423-431.
  3. 松本 龍児・櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり (2014). 自由意志信念が対人相互作用場面での攻撃行動に与える影響 人間環境学研究, 12, 113-117.
  4. 渡辺 匠・櫻井 良祐・綿村 英一郎・唐沢 かおり (2014). 自由意志・決定論尺度(The Free Will and Determinism Plus Scale; FAD+)日本語版の作成 パーソナリティ研究, 23, 53-56.
  5. Sakurai, R., Karasawa, K., & Watanabe, T. (2014). Unconscious goal activation occupies executive functions: Subliminal priming of the graphic stimulus. Proceedings of International Conference on Education, Psychology and Society, 167-174. 《selected as Best Manuscript》

学会発表(責任発表者)

  1. 櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「既達成の目標によるセルフ・ライセンシング:社会的排斥時における自己制御過程に着目して」 日本社会心理学会第56回大会, 東京女子大学, 2015年10月.
  2. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Fulfilled goal as license to indulge: The effects of ego depletion and recalling past goal achievement on self-regulation" The 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, February, 2015.《granted SPSP Graduate Student Travel Award》
  3. 櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「実行意図の形成が制御資源の節約に与える影響」 日本心理学会第78回大会, 同志社大学, 2014年9月.
  4. 櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「既達成の目標が果たすライセンス機能:自我枯渇時における自己制御過程に着目して」 日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会, 東洋大学, 2014年9月.
  5. 櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「実際の自我枯渇と自我枯渇の認知が制御資源の節約に与える影響」 日本社会心理学会第55回大会, 北海道大学, 2014年7月.
  6. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "The effects of perceived versus actual ego depletion on conserving regulatory resources" The Asian Conference on the Social Sciences, Osaka, Japan, June, 2014.
  7. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Resource allocation in goal competition: Does an unattainable goal conserve self-control strength?" The 2nd International Conference on Social Science and Management, Kyoto, Japan, May, 2014.
  8. Sakurai, R., Karasawa, K., & Watanabe, T. "Unconscious goal activation occupies executive functions: Subliminal priming of the graphic stimulus" International Conference on Education, Psychology and Society, Bangkok, Thailand, April, 2014.
  9. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Unconscious conservation of regulatory resources" The 4th Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences, Osaka, Japan, March, 2014.
  10. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "The effect of competing goal attainability on focal goal pursuit" The 15th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Austin, Texas, February, 2014.
  11. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Revisiting the conservation of regulatory resources from motivational intensity theory" Self-Regulation Pre-Conference (The 15th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology), Austin, Texas, February, 2014.
  12. 櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「目標の非意識的な活性化による実行機能の占有」 第11回日本ワーキングメモリ学会大会, 京都大学, 2013年11月.
  13. 櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「競合目標の達成可能性が焦点目標の遂行に与える影響」 日本社会心理学会第54回大会, 沖縄国際大学, 2013年11月.
  14. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Does unconsciously activated goal conserve mental resources?" Korean Psychological Association Annual Conference, Daejeon, Korea, August, 2013.
  15. Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Effects of unconsciously activated competing goal and its attainment on focal goal pursuit" The 5th Asian Congress of Health Psychology, Daejeon, Korea, August, 2013.
  16. 櫻井 良祐・渡辺匠・唐沢かおり 「競合目標の非意識的な活性化とその達成が焦点目標の遂行に与える影響」 日本グループ・ダイナミックス学会第60回大会, 北星学園大学, 2013年7月.

学会発表(その他)

  1. Futaki, N., Watanabe, T., Sakurai, R., & Karasawa, K. "Entitativity and ageism: When do we help or neglect elderly people?" The 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, February, 2015.
  2. Matsumoto, R., Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "The effects of belief in free will on retaliatory aggression" The 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Long Beach, California, February, 2015.
  3. Matsumoto, R., Sakurai, R., Watanabe, T., & Karasawa, K. "Do belief in free will always restrain aggression?" Common-Sense Beliefs and Lay Theories Pre-Conference (The 16th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology), LongBeach, California, February, 2015.
  4. 渡辺 匠・櫻井 良祐・綿村 英一郎・唐沢 かおり 「自由意志信念は自己コントロールを維持できるのか?」 日本心理学会第78回大会, 同志社大学, 2014年9月.
  5. 松本 龍児・櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「自己と他者に関する自由意志信念が攻撃行動に与える影響」 日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会, 東洋大学, 2014年9月.
  6. 渡辺 匠・櫻井 良祐・綿村 英一郎・唐沢 かおり 「自由意志信念が精神状態におよぼす肯定的効果」 日本社会心理学会第55回大会, 北海道大学, 2014年7月.
  7. 松本 龍児・櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「自由意志信念が制裁・報復としての攻撃に与える影響」 日本社会心理学会第55回大会, 北海道大学, 2014年7月.
  8. 二木 望・櫻井 良祐・渡辺 匠・唐沢 かおり 「実体性が両面価値的な集団への態度に及ぼす影響について」 日本社会心理学会第55回大会, 北海道大学, 2014年7月.
  9. Watanabe, T., Sakurai, R., & Karasawa, K. "The effects of free will beliefs in Japan: Disbelief in free will impairs overriding impulsive decisions" The 22nd International Congress International Association for Cross-Cultural Psychology Congress, Reims, France, July, 2014.
  10. 渡辺 匠・櫻井 良祐・唐沢 かおり 「人々の自由意志信念とその社会的機能の再検証:自由意志とは何であり、何をもたらすのか?」 自由意志の認知ワークショップ, 東京大学, 2013年10月.
  11. 渡辺 匠・櫻井 良祐・唐沢 かおり 「自由意志信念から援助行動・攻撃行動への影響過程:自己制御という観点から」 日本パーソナリティ心理学会第22回大会, 江戸川大学, 2013年10月.
  12. Watanabe, T., Sakurai, R., Watamura, E., & Karasawa, K. "Benefits of believing in free will on maintaining mental health" 3rd Asia Pacific Rim Counseling and Psychotherapy Conference, Kuching, Malaysia, August, 2013.
  13. 渡辺 匠・櫻井 良祐・唐沢 かおり 「人々の自由意志信念に関する実証的検討:実験哲学および社会心理学の観点から」 自由意志概念に関する実験哲学研究会, 東京大学, 2013年3月.

その他の発表

  1. 櫻井 良祐「既達成の目標によるセルフ・ライセンシング」 第10回新・社会心理学コロキウム, 東京大学, 2016年11月.
  2. 櫻井 良祐「自己制御と無意識」 道徳心理学コロキアム第7回ワークショップ, 東京大学, 2015年8月.

受賞・助成

  1. 特に優れた業績による返還免除(全額),日本学生支援機構,2015年
  2. 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)「既達成の目標によるセルフ・ライセンシングの生起メカニズムの検証」,文部科学省,2015年
  3. Graduate Student Travel Award, Society for Personality and Social Psychology, 2015年
  4. 国際会議等参加旅費補助金,日本心理学会,2014年
  5. 大学院生・若手研究者海外学会発表支援金,日本社会心理学会,2014年
  6. Best Manuscript, International Conference on Education, Psychology and Society, 2014年
  7. 日本社会心理学会若手研究者奨励賞,日本社会心理学会,2014年

Teaching Assistant

2016年度

東京大学 「心理学実験演習(1)・社会心理学実験実習(1)」
東京大学 「社会心理学調査実習(1)」
東京大学 「社会心理学概論 1」

2015年度

東京大学 「社会心理学実験実習(3)」
東京大学 「認知社会心理学演習」

2014年度

東京大学 「社会心理学実験実習(2)」

2013年度

東京大学 「心理学実験演習(1)・社会心理学実験実習(1)」
東京大学 「社会心理学実験実習(3)」
東京大学 「社会心理学実験実習(2)」

所属学会

  • 日本グループ・ダイナミックス学会
  • 日本社会心理学会
  • 日本心理学会
  • Society for Personality and Social Psychology
  • 日本ワーキングメモリ学会