私たちは、日常生活における様々な判断や行動を、意識的に、また、自分の自由意志で行っており、自分の行動を自分の意図や意志の力でコントロールしていると考えています。しかしながら、社会心理学の研究知見は、判断や行動が意識的なプロセスだけでなく、無意識的で自動的に生じるプロセスによって生じることを示しています。私たちは、脳内にあらかじめ組み込まれた様々なメカニズムや既存の知識により「動かされている」存在なのかもしれません。
 しかし、実際のところどうなのでしょうか。私たちが、自分の行動を制御するシステムを持っているとするなら、それはどのようなメカニズムに支配されているのでしょう。また、「私たちは自動的に動かされる存在であり、自由意志などは存在しない」と思ってしまうことは、どのような影響をもたらすのでしょうか。
 このプロジェクトは、これらの問題について、
①社会的判断や行動の自動性を自己制御のメカニズムに焦点を当てて検討する、
②判断や行動が自動的な過程ではなく自由意志の統制下にあると信じることが私たちの行動にどう影響するかを検討する、
の2つの課題を立てて考えていきます。

1.自己制御メカニズムについて

 自己制御というと、「努力」や「我慢」などという言葉を連想しますが、近年の研究では、自己制御も自動的なプロセスに基づいていることが示唆されています。例えば、目標の活性化や自己概念の活性化などの手続きにより、快に向かう衝動が抑制されたり、または、抑制が失敗したりしますが、それらが非意図的な過程として生起するなどです。また、一度、自己制御を行うと、そのあと、制御を自ら放棄するかのような「ライセンシング」と呼ばれる現象も見られます。
 この課題では、これらの自己制御における自動的なプロセスについて、多面的な観点から検討を行います。

2.自由意志を信じる効果について

 近年の脳科学の進展により、私たちの行動が「脳の働きにより決まる」過程が明らかになりつつあります。私たちが考えること、感じること、そして行動が脳により決まるのであれば、私たちの意志や意図はいったいどこにあるということになるのでしょうか。自動性や自己制御の研究は、自動的な過程を制御する要因として、正しい判断や望ましい自己を目指す動機の存在を指摘していますが、もし脳内過程ですべてが決まるのであれば、そのような動機すら幻想かもしれません。
 自由意志の存在は哲学が扱ってきた話題であり、社会心理学が直接の回答を与えることは難しいのですが、自由意志を信じることがどのような効果をもたらすのかについては、検討が可能です。自己制御が、自分の意志の力で望ましい(そしてしばしばつらい)行動へと自分を向けることを含むことを踏まえるなら、自由意志があると思うこと自体が、望ましい行動を生み出す自己制御過程には必要なのかもしれません。
 この課題では、自由意志の存在を肯定する、または否定することが、対人行動や自己統制にどのような影響を与えるかを検討します。

  • 日本社会心理学会第55回ワークショップ資料 (2014年) LinkIcon資料
  • 自由意志信念や認知の社会心理学的帰結:哲学との協同による統合的検討(基盤研究(B):研究代表者 唐沢かおり)研究期間:2016~2019
  • 行動意思決定研究を基盤とした多元的価値下での処方的社会心理学の構築(基盤研究(A):研究代表者 竹村和久)研究期間:2013~2016
  1. 渡辺匠・松本龍児・太田紘史・唐沢かおり (2016). 一般的・個人的自由意志尺度(Free Will and Determinism Scale: FWDS)日本語版の作成 パーソナリティ研究, 24, 228-231. LinkIconLink
  2. Watanabe, T., Sakurai, R., & Karasawa, K. (2015). Free will beliefs and moral responsibility: Disbelief in free will leads to less responsibility for third person's crime. Asian Conference on Psychology and the Behavioral Sciences 2015 Official Conference Proceedings, 423-431.
  3. 渡辺匠・太田紘史・唐沢かおり (2015). 自由意志信念に関する実証研究のこれまでとこれから:哲学理論と実験哲学、社会心理学からの知見 社会心理学研究, 31, 56-69. LinkIconLink
  4. 松本龍児・櫻井良祐・渡辺匠・唐沢かおり (2014). 自由意志信念が対人相互作用場面での攻撃行動に与える影響 人間環境学研究, 12, 113-117. LinkIconLink
  5. 渡辺匠・櫻井良祐・綿村英一郎・唐沢かおり (2014). 自由意志・決定論尺度(The Free Will and Determinism Plus Scale; FAD+)日本語版の作成 パーソナリティ研究, 23, 53-56. LinkIconLink
  6. Sakurai, R., Karasawa, K., & Watanabe, T. (2014). Unconscious goal activation occupies executive functions: Subliminal priming of the graphic stimulus. Proceedings of International Conference on Education, Psychology and Society, 167-174.
  7. 渡辺匠・唐沢かおり (2014). 死の脅威による人間の社会的行動の変化:集団への帰属意識を題材として 死生学・応用倫理研究, 19, 168-184. LinkIconLink
  8. 渡辺匠・岡田真波・酒井真帆・池谷光司・唐沢かおり (2013). 自由意志信念に応じた帰属プロセスの変容 人間環境学研究, 11, 59-65. LinkIconLink
  9. 渡辺匠・唐沢かおり (2013). 共通語と大阪方言に対する顕在的・潜在的態度の検討 心理学研究, 84, 20-27. LinkIconLink
  10. 渡辺匠・唐沢かおり (2012). 自己脅威が内集団との合意性認知に及ぼす効果 社会心理学研究, 27, 83-92. LinkIconLink
  11. Watanabe, T., & Karasawa, K. (2012). Self-ingroup overlap in the face of mortality salience. The Japanese Journal of Experimental Social Psychology, 52, 25-34. LinkIconLink
  12. 渡辺匠・唐沢かおり (2011). 潜在的な自己評価と内集団評価の相互関係の検討 人間環境学研究, 9, 35-40. LinkIconLink
  13. 尾崎由佳・唐沢かおり (2011). 自己に対する評価と接近回避志向の関係性:制御焦点理論に基づく検討 心理学研究, 82, 450-458. LinkIconLink
  14. 月元敬・橋本剛明・唐沢かおり (2011). 間接的連想関係による虚記憶:職業ジェンダーを用いた検討 心理学研究, 82, 49-55. LinkIconLink