ENGLISH
picture_of_me

橋本 剛明

HASHIMOTO, TAKAAKI

PhD


東京大学大学院 人文社会系研究科

社会心理学研究室 助教

Assistant Professor

Department of Social Psychology,

The University of Tokyo


専門:社会心理学



E-mail:

hshmt (at) L.u-tokyo.ac.jp


CV

What's New

2017年度
2017/8/31 実験哲学の国際プロジェクトによる論文がThought: A Journal of Philosophyに掲載されました INFO
実験哲学の国際プロジェクトによる論文がJournal of Indian Council of Philosophical Researchに掲載されました INFO
実験哲学の国際プロジェクトによる論文がNoûsに掲載されました INFO
2017/8/27 アジア社会心理学会年次大会(AASP 2017 Conference @ Auckland, New Zealand)にて発表しました INFO
2017/7/20 下記論文がPLoS ONEに掲載されました
Tanibe, T., Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2017). We perceive a mind in a robot when we help it.
INFO
2017/7/5 下記論文が人間環境学研究に掲載されました
福本都・苫米地飛・橋本剛明・唐沢かおり (2017) 「自由意志信念が社会的相互作用場面での攻撃行動に与える効果―運命的決定論信念に着目して―」
INFO
2017/4/1 東京大学 社会心理学研究室 助教に着任しました INFO
2016年度
2017/1/26 2017 Society for Personality and Social Psychology Convention (San Antonio)にて発表しました INFO
2017/1/12 下記論文がInterpersona: An International Journal on Personal Relationshipsに掲載されました
Hashimoto, T., & Karasawa, K. (2017). When and by whom are apologies considered? The effects of relationship and victim/observer standing on Japanese people’s forgiveness.
INFO
2016/10/3 東京大学 社会心理学研究室 特任助教に着任しました INFO
2016/7/24~29 31st International Congress of Psychology(パシフィコ横浜)にて発表しました INFO
2016/4/1 平成28年度科学研究費 若手研究(B)の採択を受けました INFO
2015年度
2015/10/31~11/1 日本社会心理学会第56回大会(東京女子大学)にて発表しました INFO
2015/9/22~24 日本心理学会第79回大会(名古屋国際会議場)にて小講演を行いました INFO
2015/8/25 自身が携わった実験哲学の国際比較調査の結果がNoûsに掲載されました
Machery, Stich, Rose, Chatterjee, Karasawa, Struchiner, Sirker, Usui, & Hashimoto (2015). Gettier across cultures.
INFO
2015/5/1 京都大学霊長類研究所 研究員に着任しました
2015/4/16 博士号(社会心理学)を取得しました


Working & Forthcoming Events

2017/4月
~2018/3月
法政大学文学部で「社会心理学」「集団社会心理学」の講義を担当します
2017/9/30~10/1 東京大学本郷キャンパスにて、日本グループ・ダイナミックス学会第64回大会が開催されます INFO


Copyright (c) 2014 Website of Tak Hashimoto. All Rights Reserved.